優勝したA・スコットと49打差の最下位でも賞金4万8000ドル!

スポンサーリンク
bodeiri


3月3日から行われたゴルフ世界選手権「WGCキャデラック選手権」で、

スティーブン・ボーディッチ(オーストラリア)が4ラウンド連続で80台を記録した。


ボーディッチは、初日から「81」「80」「80」「84」で回り、

通算37オーバーで最下位の65位に終わった。


一つ上の順位64位のクリストファー・ブロバーグ(スウェーデン)とは14打差。


通算12アンダーで優勝したアダム・スコット(オーストラリア)とは49打差がついた


ボーディッチは米国ツアー通算2勝の強豪、昨年の「ザ・プレジデンツカップ」にも

出場した世界選抜メンバーでもある。


「誰もこんな風にプレーしたくない。でも仕方がない。

悪いプレーをしたいなんて誰も思わないけれど、これもゴルフなんだ」


世界選手権シリーズは予選落ちがなく、全選手が72ホールをプレー(WGCデルマッチプレーは除く)。ボーディッチは賞金4万8000ドル(約546万円)を獲得した

引用元:http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/62085/1/
car=ranking_sidenavi_dayNews


最下位でも4日間プレーすれば約500万円もらえるのだから、

世界選手権という大会はすごいね。


やはり国の上位にいてこんな大会に出場できればいいね!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益