【ゴルフ】谷原秀人が痛恨のミスでNZオープン優勝を逃す!

スポンサーリンク
tanihara


ニュージーランドで行われた「BMW ISPSハンダ ニュージーランドオープン」の最終日!


首位スタートの谷原秀人は1打差のリードで、最終18番を迎えたが、

2打目をグリーン手前のバンカーに入れ、4mのパーパットも決められず痛恨のボギー。


2位に付けていたグリフィンがバーディを獲って逆転され優勝を逃した。


そのコメントは「残念。きょうは3パットが3回でこれに尽きると思う。

これがゴルフ」と肩を落とした。


薗田峻輔とマイケル・ヘンドリーが通算14アンダーの3位で続き、

藤本佳則が通算13アンダーの5位に入った。

引用元:http://news.golfdigest.co.jp/news/article/62172/1/


今回は日本男子は、欧州やニュージランドでプレイ、

もっと遠征を多くして強くなってもらいたいね。

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益