宮里藍のヨコハマタイヤLPGAクラシック 2アンダーで8位タイ発進!

スポンサーリンク
miyasato

5月の第1週目の米国ツアーは宮里藍に期待するしかなさそう!

同日に行われている男子ツアーでは、松山英樹と磐田寛が大きく出遅れ、
予選通過も危ういので、今週は藍ちゃんのみに期待。

その藍ちゃんは、3月末頃から良いゴルフをするようになり、
ひょっとすると今年優勝があるかもと期待値大。


野村敏京は今季すでに2勝を挙げたが、続く2番手は藍ちゃんしか浮かばない。
さて、「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」の初日、宮里藍はトップと5打差の
8位タイでホールアウト、1イーグル4バーディ、4ボギーの「70」でプレー、
ボギーがちょっと多かったが2アンダーの好発進。
インから出た宮里は10番・11番で連続バーディでスタートした後、
12・14・15番で3つのボギーで後退も、
17番(パー5)でイーグルを奪い粘り強さを見せた。


アウトに入り6番までパープレイ、終盤の7番、8番で再び2連続バーディ、

最終ホールでのボギーはやや後味悪し。


トップは7アンダーのレティシア・ベック(イスラエル)、

藍ちゃんとの差は5打、これ以上は離されたくないスコア。


明日は、もう少しボギーを減らして差を詰めたいものだ。

藍ちゃんの2日目の爆発を期待したい。
その他の日本勢は、イーブンで38位の上原彩子と野村敏京、
1オーバーの藤本麻子と横峯さくらが47位、みんな頑張れ!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益