【運動会】でなぜ、お父さんはで転ぶのか 陸上トップ選手が分析、原因は仕事中の「姿勢」?

スポンサーリンク
otou
1: 砂漠のマスカレード   2017/05/22(月) 13:25:14.07 _USER9

運動会シーズン、お父さんが転ぶワケ…元五輪ランナーら専門家が見る「2つの原因」

5月を迎え、運動会シーズンが真っ盛り。先週末も多くの地域で賑やかな歓声が響き渡った。
運動会といえば、親が子供の成長、活躍を見守る絶好の機会だが、とりわけお父さんにとっては一大イベントでもある。
「父兄参加リレー」といった参加型の競技があるからだ。
愛息、愛娘にカッコイイ姿を見せようと意気込んで出場。しかし、思いとは裏腹に起こってしまうのが、転倒である。それも、運動会の風物詩といっていいほど見かける、切ない姿だ。

いったい、なぜお父さんは運動会で転ぶのか――。

昔は野球部で足腰を鍛えていたのに、今もジョギングで運動しているのに……。
自分だけは大丈夫と思っていた健康自慢のお父さんですら悲哀の声を漏らすものだが、その理由はどこにあるのか。
陸上短距離界の第一線でトップ選手として活躍した専門家に聞くと、答えが見えてきた。

「私には、原因が2つあると思っています」と答えてくれたのは、200メートルハードルアジア最高記録保持者の秋本真吾氏だ。
ランニング指導のプロ組織「0.01」でプロ野球選手、Jリーガーなど、多くのトップアスリートの走りを指導しているスプリントコーチは、
一般のランニングイベントなどで40歳前後のお父さんが全力疾走した際、転倒するシーンをよく見かけるという。

その例を引き合いに出し、「2つの原因」をこのように解説する。まずは「筋力低下型」だ。

「1つ目は足が地面に着いた時、体を支えられるかどうか。これが、すごく重要です。仮にジョギングなどで日常的に運動していても、短距離のダッシュは一歩に通常の5倍、6倍の負荷がかかる。
これはジョギングにはないものです。
年齢とともに、体を支えるために必要な中臀筋という臀部の奥にある必要な筋肉が衰えている。
そうした状態で全力疾走すると、負荷に耐えられずに腰が下がり、一歩一歩進むうちに目線もどんどん下がってくる。
結果的につま先が地面に当たって転んでしまう。これが一つのパターンです」

もう一つは「意識先行型」という。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010000-theanswer-spo

2: 砂漠のマスカレード   2017/05/22(月) 13:26:04.57 _USER9

重要なのは「正しい姿勢」…仕事中の“ある姿勢”が転倒の原因に?

「前のめりになって転んでしまうパターンです。速く走ろうと意識だけ前に進んでしまう。
どうなるかというと、上半身が前に出て、下半身が後ろで回るため、体の軸が自然と前傾に傾く。
進んでいくうちに傾きがどんどん大きくなっていき、最後はバランスが崩れて足がもつれ、倒れてしまう。
陸上の110メートルハードルで転倒するのと一緒の理論。
スピードが落ちてくると傾きが自然とできてしまい、最後の10台目を越えた時に前傾になって倒れてしまうのと同じようなものです」

では、どうすれば、体のバランスを崩さずに走ることができるのか。
「0.01」で秋本氏とともにスプリント指導を手掛けるアテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏は「姿勢が大事になります」と説明する。

「止まった状態で、まっすぐに立つのは簡単です。重要なのは、走っている状態で接地して片足になった姿勢がまっすぐであること。
スタート直後は前に傾いていますが、前に行きたい思いが強いと、その後も上体を倒して進もうとしてしまう。
常にまっすぐな姿勢で真下に力を加え続けていくということが大事です。そうすれば慣性の法則が働き、自然と進む。
姿勢を前に倒し過ぎると、圧力が接地の瞬間に逃げてしまって進まなくなってしまいます」

とりわけ、仕事中にパソコンを長く触れて猫背になりがちなお父さん世代は、基本姿勢が前傾になりがちという。
「特に大人の方は、肩甲骨が前にスライドして凝り固まっていることが多い。
十分な可動域が確保できていないとまっすぐな姿勢が取れない原因となります」と伊藤氏は問題点を指摘した。

一方、秋本氏は姿勢の崩れが怪我につながるリスクもあると警鐘を鳴らす。

「く」の字の姿勢で肉離れに…非効率な走りは転倒だけでなく怪我につながる
「前に進もうとすると、とにかく足を前に出して進もうとする意識が強い人が多い。
すると、振り出した瞬間、横から見たら『く』の字の姿勢になります。その姿勢で、足を引っ張り込んで前に進もうとした時、負荷がかかって肉離れになりやすい。
非効率な走りをするほど、転倒だけでなく、怪我にもつながってきます」

張り切り過ぎた結果、太ももに肉離れを起こし、翌日からの仕事に支障をきたしては元も子もない。
正しい姿勢は速く走るだけでなく、怪我を避ける上でも重要になってくる。

前傾姿勢の解決策の一つとして、前述した体を支えるための「中殿筋」の強化を秋本氏は勧めている。
臀部の奥にある筋肉は弱っていると、ぐらつくという。まずは鏡の前に立って片足でもバランスを崩さず立つところから始めるのが、トレーニングの第一歩になる。

カッコイイお父さんであるために――。

今週末も多くの地域で運動会が行われるが、子供の前で、ほかのお父さんを抑えて颯爽と駆け抜けるのは理想だろう。
そのためには「まっすぐな姿勢」で転ばずに走り抜き、ゴールテープを切ることが大前提となる。

3: 名無しさん@恐縮です 2017/05/22(月) 13:26:20.75
甲子園決勝まで行ったらしい友達のお父さんは運動会で無双してた

4: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:27:14.59
運動会って10月が最盛期じゃないのか?

5: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:27:30.60

>>1
>全力疾走すると、負荷に耐えられずに腰が下がり、一歩一歩進むうちに目線もどんどん下がってくる。
>結果的につま先が地面に当たって転んでしまう。

コケるお父さんの姿が、スローモーションで見えたw

6: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:27:34.44
じゃあ仕事しなきゃ良いのか

7: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:27:45.92
小学生の時 プロ野球選手の2千本安打を打っている現役選手がお父さんとしてきていて
ひとりだけ体格がプロレスラーみたいだった

8: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:28:01.38
普段、運動してねえのに気持ちだけ若いままだからな

9: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:28:33.67
若いころのイメージが頭の中に合って
体がそれについてこないから足がもつれる

10: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:28:54.57
ケガ人出るからって最近父兄リレーやらないよ

11: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:28:58.80
普段運動不足のお父さんは全力出しちゃダメよ。
八割くらいでやらないとケガする。
俺の親父は張り切り過ぎてアキレス腱切ったわ。

12: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:29:20.53
急に全力疾走すると腿の後ろの筋肉がヤバくなるわ
野球をやるとわかる

13: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:30:04.07
>>4
最近は春にやるらしい
理由は知らんが

14: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:30:22.66
>>3
うちの近所の甲子園に出てプロ(二軍)へ行ったというお父さんは
障害物競走でとび箱で大転倒で救急車だった。アキレス腱を切ったらしい

16: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:30:45.05
てか、5月に運動会シーズン真っ盛りて、熱中症避ける意味で10月から時期ずらしたんだろうけど、運動会といえば秋だろ

17: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:31:36.23

>>1
>なぜ、お父さんは運動会で転ぶのか

慣れないことするから。

19: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:32:59.19
現役のプロサッカー選手だってすぐ転ぶじゃん。

21: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:34:00.97
俺も経験あるけど
自分の中の自分の走ってるイメージと
身体能力があってないんだよ
だから体が前のめりになって転んでしまうんだ

22: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:34:05.80

普段全力疾走していない人が全力疾走するから

全力疾走用に筋肉が出来ていないから

23: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:34:36.35
7割8割くらいでやるのが怪我しなくていいんだろうな
友達が草野球でダイビングして腕を脱臼してて、
そこまでしてやるもんじゃねえなあと思ったよ

24: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:34:46.70
世界トップレベルのバルサの選手でも運動会のお父さんみたいになるし
http://i.imgur.com/hPyJGtM.gif
http://i.imgur.com/fubPxe5.gif

25: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:35:05.70
学校通ってたとき以来
全力疾走なんてしてないから
体の動きのイメージが修正されず
イメージと体の動きが剥離してるから

27: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:37:30.34
昔の感覚で走ろうとしても、実際は足も上がらず回転も遅いから足がもつれる

28: 名無しさん@恐縮です  2017/05/22(月) 13:37:39.22
冬の間運動不足で体力が衰える上に急に熱くなってくる5月にやるのが悪い
コンディション最悪だぞ

引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495427114/

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益