【MLB】前田健太 投球より打撃で貢献 4勝目

スポンサーリンク
maeken

ドジャース7―3カージナルス(2017年5月25日 ロサンゼルス)

左太腿裏痛で故障者リスト(DL)入りしていたドジャースの前田健太投手(29)が25日(日本時間26日)のカージナルス戦に復帰登板。苦しい投球ながらも5回7安打3失点の内容で今季4勝目(2敗)を手にした。

前田は3勝目を挙げた10日のパイレーツ戦以来の先発。この時は8回1/3を投げて5安打2失点と好投を見せたが、約2週間後のマウンドとなったこの日は初回にいきなり3失点。実戦の勘が戻らないのか4本の長短打を浴びた。

2-3とリード4回裏、打席に立った前田は左翼線への2点適時打を放ち4―3と逆転し、投球はイマイチながら打撃で貢献した。
その後5回は先頭のカーペンターに死球を与えるも無失点で切り抜け、
投球数は78球で勝利の権利を有して交代した。

試合はその後に追加点を挙げたドジャースが7―3で勝利、怪我明けの復帰戦を勝利し4勝目を挙げた。

今シーズンは田中、岩隈など日本投手が崩れており、前田の復帰は明るいニュースである。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000100-spnannex-base

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益