【ゴルフ練習場での練習法】 基本的には全てのクラブで練習する!

スポンサーリンク
doranasi

ゴルフ練習場ではどんな練習方法をしたらよいのでしょうか?

私の経験からでは、体がふらつかずゴルフクラブを
しっかり振れるようになれば、全てのクラブで練習を
した方が良いと思っています。

練習で出来ないことは、本番でも出来ないと思うので、
全てのクラブで練習して、距離感を養うことが必要です。

しかし、練習の初期段階においては、ゴルフクラブを
しっかり振れるスイング軌道を固める必要があるので、
多くのクラブで練習するのは好ましくありません。

■練習初期(6または7番アイアンがしっかり振れるまで)

ゴルフ練習の最初は、6番アイアンまたは7番アイアンで、
スイングがしっかり出来るまで練習しましょう。

このアイアンは長さ的にクラブのほぼ中間であるので、
このクラブがしっかり振れて、ボールを捉えられれば
他のクラブも振れるようになるとの考えです。

■通常練習

6番アイアンまたは7番アイアンがしっかり振れるようになったら、
次は全てのクラブで練習をしましょう。

練習している内に得意なクラブと苦手なクラブが
きっと出てくるでしょう。

この場合は、苦手なクラブの練習量を増やし、
得意なクラブの練習量を少し減らすのも一つの方法です。

ゴルフクラブは長くなるほど難しくなると言われています。

これから言えば「ドライバー」が一番難しいクラブになりますが、
コツさえ覚えれば結構易しいクラブになる場合もあります。

但し、最初は非常に難しいクラブとなるでしょう!

練習を続けていく過程では、フルスイングした時、
クラブごとの平均的な飛距離をしっかり把握しておきましょう。

※但し、ゴルフ場のボールとゴルフラウンドで
自分が使うボールとは異なるので、飛距離の差は出ます。
これも、実践を通じで把握することが必要となります。

また、練習所においては、フルスイングばかりではなく、
短い距離を打ち分けるハーフショット的な練習も
スコアアップには重要な練習となります。

例えば、110ヤード当たりから、20~30ヤード当たりまでを、
10ヤード刻みで打ち分ける練習です。

ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジなどを
使って10ヤードごと打ち分ける練習です。

練習所で上手そうな人を見つけて、
その練習法を参考にするのも上手くなるコツです。

貴方のゴルフが早く上手くなりますように♪

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益