【OKパットについて】仲間とのラウンド・コンペで使います!

スポンサーリンク
unndou

OKパットの意味と注意点について!

OKパットとは、ほぼ100%入る距離、
例えばカップとボールの距離が50cm以下ぐらいの時、
打つのを省略してもよいとOKを出すことをいいます。

仲間内のゴルフや会社のゴルフコンペ、町内会のコンペなどで、
時間短縮のため広く使われています。

また、プロゴルフでもマッチプレーの場合のみ使われますが、
通常の競技ゴルフでは使うことはありません。

■注意点

ゴルフの初心者によくあることとして、
OKパットを1打として加えることを忘れることです。

例えば、2打目でグリーンに乗ったとして、
3打目のパットでカップとの距離が40cmになったとします。

そしたら同伴者はOKパットを出してくれるでしょう。

この場合のスコアは、グリーンに乗せるまでの2打と
最初のパット1打、そしてOKパット1打で、
このホールのスコアは、
2+1パット+OKパット1打=4打 です。

特に、初心者の場合、OKパットをプラスするのを
忘れることがありますので注意しましょう。

先輩たちに注意されないように!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益