【ゴルフ初心者打ちっぱなし】練習所に慣れたら上手そうな人を参考に!

スポンサーリンク
rennsyu

ゴルフを始めたばかりの初心者が、打ちっぱなし練習に行った時、
最初のうちはボールもロクに当たらず恥ずかしい思いもありますが、
みんな最初は同じ、まったく気にせずマイペースでいきましょう!

ゴルフを始めるまでの生い立ち、つまり過去のスポーツ経験などで、
多少の違いはあるけど、ボールがロクに当たらないのは、
みんなよくあることです。

私の場合、野球を数十年やってきましたけど、
最初の打ちっぱなし練習は散々だった記憶があります

特に野球選手は、利き腕が強いのでそれが禍となり、
私も最初は大スライスばかりだったですね。

このようにスポーツをやっていても
最初は大苦戦、気にすることなど何もありません。

例えは悪いですが「下手な鉄砲も数撃てば当たる」との
ことわざのとおり、最初のうちは数で慣れるしかありません。

どんなスポーツでもゴルフでも、最初のうちは数で
慣れるしか方法はないのです。

このことを頭に入れて、当たらなくても気にせず、
一球一球しっかり打つことを心がけましょう。

その練習を重ねていけば次第にボールも当たり、
だんだんとコツが解ってきます。

■上手い人の練習法を参考にしよう

練習所での練習に慣れてくる頃には、
そのゴルフ場の常連も分かるようになり、
ある程度上手い人、下手な人も分かってきます。

その中でボールの方向性が良く、飛距離も出る人を探し、
その人の練習法やスイングなどを取り入れることも、
早く上達するコツとなります。

ただ、人間はみんな体が異なるので、
盲信して真似をするのは避けましょう。

自分が無理なく出来そうなことを選んで、
取り入れるのがポイントです。

身長、体重、手足の長さ、筋肉の柔軟性など、
みんな微妙に異なるので盲信はいけないということです。

その内に練習所でも気さくに話せる人も
分かってくるので、ゴルフの先輩として、
いろいろ聞き出せばいいでしょう。

ほとんどの場合、聞けば教えてくれますよ ^ ^

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益