【ゴルフの練習方法は目標によって異なる】上手くなるには練習と戦略が!

スポンサーリンク
unndou

ゴルフの練習方法(頻度、内容)に定石というものはありません!

自分の置かれた生活環境、そして目標によって決まるものです。

ただ、ゴルフの上手い諸先輩たちがほぼ共通して言っていることは、
「上手くなるには練習するしかない」ということ。

この言葉は長年ゴルフをやってきた私も本当だと思っています。

いま第一線で働いている方ですと、練習は休日しか出来ない、
従って、この環境でどのように練習するかを考えなければならない。

定年退職された方であれば、比較的練習時間は取りやすく、
練習の回数を増やせる環境にあります。

このような環境の中で自分のゴルフ目標(今年のスコア目標)を決めて、
それに向かって練習内容を戦略的に決めることが、
上達を早めることにつながります。

■自分の今年のゴルフ目標の一例
・自分のゴルフ仲間に追いつくスコア目標
・ゴルフ仲間に勝つためのスコア目標
・ベストスコア更新のスコア
・100を切る、90を切る、80を切るなど

■打ちっぱなしの練習内容の一例
・1回の練習で何球打つか決める(100~200球~)
・どのクラブで何球打つかも概ね決める
・全てのクラブをまんべんなく打つ
・100ヤード以内を10ヤード刻みで50~60球打つ

■自宅練習
忙しい方は数分でもいいので時間を見つけ練習をすることが、
上手くなる大きなポイントでもある
・庭があればアプローチ練習
・素振り練習や筋トレ
・室内で5分でもいいからパット練習など

どんなスポーツでもゴルフでも同様ですが、
練習を戦力的に続けることが上達する早道です。

3ヶ月先、半年先には上手くなるとの信念で、
目先にとらわれず練習方法を決めて続けましょう。

今週のコンペのための練習として小手先の練習法をするのでは、
一貫性がなく上達の遅れとなります。

自分が決めた目標は、ある程度厳しい目標であるはず、
戦略的に決めた練習法を続けることで、
数カ月先に実現できるものだと思うのです。

目先の成績にこだわらず、決めた練習法を続けることが、
あなたの夢を実現する決め手となります♪
スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益