宮里藍 トップと2打差の5位タイで最終日に!ANAインスピレーション

スポンサーリンク
miya3

写真は、3日目を終了してインタビューを受ける宮里藍。


3日目は、飛ばし屋のレクシー・シンプソンと組んでのラウンド、

ティーショットで約40ヤード置いてかれての2打目のショットは、
とても難しかったが、それでも崩れることはなく1つスコを伸ばした。


初日、2日を首位キープした宮里藍は、
3日目に置いていかれないことが最大のテーマ。


風が強い中、止んだり吹いたりもあって、グリーを外すことも多かったが、

そこはアプローチとパットでしのぎ、崩れることはなかった。
スコアを1つしか伸ばせなかったことには、
多少の不満があったとしても、
置いていかれないというテーマは果たしたといえよう。


ただ、予選ラウンドと比較すると、バーディーチャンスが少なく、

2つしか取れなかったのは残念であったが、
首位とは2打差での最終日なので、まだチャンスはある。
ここ数年、パットに苦しみ、シード権を取るのに苦労していた。


そのことから比べれば、別人と思える激的変化であり、

3日間を終わり、首位争いに残ったことは、
素晴らしことであり、多くのファンが喜んでいる。


明日の最終日は、どれだけスコアを伸ばせるかで勝負は決まる。


今までのメンタルコントローを維持しながら、

初日同様の爆発を期待した。


藍ちゃん、頑張れ!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益