ゴルファーの健康管理|胃癌の主要因ピロリ菌の認知は3割

スポンサーリンク
piro

生涯スポーツであるゴルフを楽しむためには、健康管理が第一。

そのため、きっと多くのゴルファーが、胃がんについても
ある程度の知識を有していると予想しつつ、
調査場所を提供してくれたカレドニアンcc(千葉県)へと赴いた

調査に協力してくれたゴルファーの総数は50名、男女比は9:1。

まずは「Q:胃がんの主因がピロリ菌ということをご存知?」と
「Q:日本人のピロリ菌感染は3人に1人をご存知ですか?」の
2つに対する認識度をご覧いただきたい。

その結果は、我々編集部の予想を大きく覆すものだった。


編集部の予想を覆した調査結果は以下の通り。

「胃がんの主因がピロリ菌ということをご存知?」の質問に、
「知っている」と回答したゴルファーは、50人中14名(28%)で
3割にも満たず、36人(72%)の人が「知らない」と回答。

そして、「日本人のピロリ菌感染は3人に1人をご存知ですか?」に対しても、
「知っている」と回答したのは11人(22%)のみ。

7割(39人)を越す人が「知らない」と回答しており、
胃がんに対する認識の低さが際立つ結果となった。

引用元:http://style.golfdigest.co.jp/beta-pin/lifestyle/article/62228/1/?car=md-ns-style

実に恐ろしい結果のアンケートであり、
この無知が胃癌を減らせない要因でもある。

胃がんは、日本における死亡者の最も多い癌の部類であり、
その予防は簡単な「ピロリ菌」の滅菌で行えるのである。

こんな簡単に行える予防も無知な人には出来ない。

無知ほど怖いものはない!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益