ゴルフドライバー飛ばない|健康と融合すれば飛距離アップはできる!

スポンサーリンク
golf

ゴルフをしている多くのアマチュアゴルファーにとって、
ゴルフはどんな位置づけにあるのだろうか?

単なる遊びでやっている方、スポーツとして楽しんでいる方、
人とのコミニュケーションのためにやっている方、
競技として取り組んでいる方、
健康のためにやっている方、人によって違いますよね。

しかし、どのような位置づけであろうと
「ゴルフでドライバーが飛ばない」のであれば、
面白くない、いまいち楽しくないのも事実です。

例えば、60歳を過ぎたからといって、
ドライバーが200ヤードぐらいしか飛ばなければ
ゴルフ仲間に飛距離で負けることも多くなります。

そこで、これを脱却する方法として、
「ゴルフと健康を融合」することを提案したいと思います。

これは、健康増進のためにちょっと努力して、
コルフが楽しく、上手くなることに繋げるという考え方です。

健康増進は食事と同様に楽しく生きるために必要なことですから、
多少のことなら苦になることもありませんからね。

それで70歳になっても200ヤードを超える飛距離を
維持していけるならば御の字ですよね。

■ゴルフと健康を融合するいくつかの方法

以下のストレッチは、時間が空いた時にちょこっと数分、
無理をせずやっていれば自然に飛距離アップに繋がります。、

・健康のために軽く腹筋運動
・ちょこっとスクワット、爪先き立ち
・健康のために時間があれば散歩やジョギング
・懸垂で背筋を鍛えてみよう
・ちょっとの時間で素振り(スイングがスムーズになる)
・鉄アレイでベンチプレス風の筋トレ

【ご参考】
72歳、遊びと健康で220ヤード飛ばす【ちょこっと筋トレ法】

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益