ゴルフスイングで迷ったら左胸始動を試してみよう!

スポンサーリンク
bo

ゴルフスイングで迷ったらテークバックで左胸始動がオススメ!

ゴルフスイングの重要なポイントの一つにテークバックがあります。

スイングの一番最初のテークバックが正しく行われないと、
スイングがバラツキ、方向性が狂ったり、飛距離が落ちたりしてしまいます。

では、このテークバックを上手くするには、どのようにすれば?

諸説は数多くありますが、私が推薦するのは以下の2つです。

1)テークバックは左肩始動、トップからの切り返しも左肩始動

2)テークバックは左胸始動、トップからの切り返しも左胸始動

60歳初期に(1)の方法が良いと知り取り入れてスコア70台に、
今は70歳を超え飛距離が落ち、ロングアイアンでフックや
スライスが出るので(2)を実践中。

以上から今回は、
(2)のテークバックは左胸始動、トップからの切り返しも左胸始動
についてお話したいと思っています。

では、なぜ左胸(お乳でもよい)始動が良いのかといいますと、
ちょっと以下のことを試してみてください。

・両手を前に出してゴルフグリップにしてテークバックしてください。

この場合、手と胸(体の上部)が必ずしも一体で動くとは限らず、
つまりテークバックで手は結構動いても、体の上体は回り切らず、
バラバラになりやすいことが分かります。

次に、同じようにグリップして、今度は左胸(お乳)始動で
テークバックしてみてください。

この場合は、胸と一緒に手も動きますから、
胸(体の上部)と手が一体になって回転するテークバックになります。

そして、トップからの切り返しも左胸リードにすれば、
手も一緒に動くのでスムーズなスイングになります。

このゴルフスイングが、方向性を良くして、
飛距離も伸びるのでオススメしたいと思いました。

長いゴルフ人生で、スイングがいつまでも一定にできることは、
ほとんどありませんし、時の経過、年齢と共に自分に合うものを
探し続けるのがゴルフだと思います。

それがまたゴルフの楽しみの一つですし、
なるべく単純・明快なものの中に自分に合うものが見つかるかも。

お試し頂ければ幸いです!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益