ゴルフ世界ランキング(6/13) 米女子メジャーを制したブルック・ヘンダーソンが躍進!

スポンサーリンク
b

2016年も6月に入りシーズンもほぼ半ばを終えた。

男子ゴルフの世界ランキングトップ3は、1位:ジェイソン・デイ、
2位:ジョーダン・スピース、3位:ローリー・マキロイの3名が揺るぎなく、
このままでシーズンを終える感じがしないでもない。

一方女子世界ランキングは、断トツ1位のリディア・コーはほぼ決定的だが、
米国女子メジャー第2戦目「KPMG女子PGA選手権」を制した18歳の
ブルック・ヘンダーソンが2位に躍進したのは驚きである。

その点、女子の方が面白そうである。

リオオリンピックの出場については、日本男子は松山英樹と池田勇太で
ほぼ決定だが、
松山が出場について微妙な発言をしており果たしてどうなるか?

女子は野村敏京は決定、2番手争いは混沌としており果たして?


【男子プロゴルフのランキング】

■男子ゴルフ世界ランキング(6/13時点)
引用元:http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/golf/stats/pga/rank/65.html
1位:ジェイソン・デイ(13.17pt)
2位:ジョーダン・スピース(11.25pt)
3位:ローリー・マキロイ(9.59pt)
15位:松山英樹(4.46pt)
88位:池田勇太(1.69pt)
93位:片山晋呉(1.57pt)
144位:岩田寛(1.15)

■PGAフェデックスポイントランキング(6/13時点)
引用元:http://news.golfdigest.co.jp/pga/ranking/fedex/2016/
1位(2082pt):ジェイソン・デイ
2位(1861pt):アダム・スコット
3位(1695p):ジョーダン・スピース
13位(1151p):松山英樹
127位(318):岩田寛

■PGA賞金ランキング(6/13時点)
引用元:http://news.golfdigest.co.jp/pga/ranking/2016/
1位:ジェイソン・デイ
2位:アダム・スコット
3位:ジョーダン・スピース
10位:松山英樹
118位:岩田寛


【女子プロゴルフのランキング】

■世界ランキング(6/13時点)
引用元:http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/golf/stats/lpga/rank/107.html
1位:リディア・コー(13.97pt)
2位:ブルック・ヘンダーソン(8.83)
3位:インビー・パーク(8.23pt)
22位:野村敏京(3.33pt)
41位:大山志保(2.08pt)
42位:宮里美香(2.07pt)
45位:渡邉彩香(1.97)
62位:鈴木 愛(1.69pt)
64位:上田桃子(1.63pt)
67位:菊地絵理香(1.59)
78位:横峯さくら(1.39pt)
80位:宮里藍(1.34pt)

■USLPGA賞金ランキング(6/13時点)
引用元:http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/golf/stats/lpga/rank/106.html
1位:リディア・コ
2位:アリヤ・アリヤ ジュタヌガーンジュタヌガーン
3位:ブルック・ヘンダーソン
4位:野村敏京
34位:宮里藍
47位:宮里美香
67位:横峯さくら
107位:上原彩香

頑張れ、日本!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益