世界一はイチローの4257安打 メジャー最多はローズで!

スポンサーリンク
itiro

イチローの日米通算4257安打に、日米のレベル差をいう人も多いが、
大リーグは日本の公式戦よりも約20試合多く、選手の年齢から考えても
試合数が単純に増えることで、安打数は増えることに通じる。


アメリカの一部の人は、普通の大リーガーが日本で活躍していると言い、
日本のレベルを低くいうが、逆に日本で活躍出来なかった外国人が、
大リーガーで大活躍した例もあることを知っていないようだ。

このことに関連して10年前の言葉をすぐに思い出した。

06年7月26日(日本時間27日)のブルージェイズ戦。

この試合で2安打したイチローは、メジャーで1279安打とし、
オリックス時代に放った1278安打を上回ったわけだが、
イチローは「スピードが大事」と2度言った。

オリックス時代の9年間、951試合で積み上げた記録を、
大リーグで54試合も早い897試合で塗り替えた。

この意味をアメリカ人は理解できるだろうか!


まあ、それはいいとして、

「世界一はイチローの4257安打 メジャー最多はローズで!」

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益