【ゴルフ】上原彩子 2日目スコアを落とす原因 キャンビア ポートランドクラシック

スポンサーリンク
u

キャンビア・ポートランドクラシックの初日、上原彩子選手は4アンダーの5位、
好スタートを切ると2日目にスコアを伸ばせないのが今までの上原。

さて、この大会はこのパターンを克服してスコアを伸ばせるか期待したが・・・


残念ながら、予定どうりとは言いたくなが2日目は2オーバー、
通算2アンダーで26位まで後退。

このコースではスコアを伸ばせなければ落ちるだけだから、
せめて2~3アンダーは出してほしかった。

なぜ、初日が上位で2日目に実力を発揮できないのか?

私なりに考えてみた

1)初日のプレイは順位が決まっていないので自分のペースで出来る

2)初日が終わってトップ10に順位が入っているとその順位が気になり始める

3)ただの初日だけの順位で優勝も上位も決まっていないのに意識過剰でプレッシャーに

こんな感じになって、2日目のプレーを始めるからスコアを落とすものと思う。

強い選手は、この辺の意識コントロールが上手いものと思う。

上原選手、自ら崩れるのではなく、戦って結果を待つタイプに変われるか?

上原とは違う初日首位のブルック・ヘンダーソン(カナダ)は、
4つスコアを伸ばし前日同様に首位をキープ、
初日3アンダーのスーザン・ペターソンは8つ伸ばし首位タイに。
26位から出た横峯さくらは2つ伸ばし18位に、宮里美香も2つ伸ばし、
宮里藍は3つ伸ばし初日105位から62位に順位を上げ決勝ラウンドに進んだ。

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益