巨人菅野智之投手は何故勝てないのか原因を考えてみた!

スポンサーリンク
suga

巨人の菅野智之投手の9月20日現在の成績は、
24試合 9勝6敗 170.1/3回 2658球 677打者 175奪三振 145安打 29四死球 防御率1.90

防御率:1.90 の投手が24試合投げてなぜ9勝しか出来ないのか、
不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

防御率セーリーグトップでいながら9月半ばを過ぎても9勝の菅野、
単純に比較はできないが同じ24試合登板の広島の野村投手は15勝しているので、如何にも勝てない投手といえよう。

では何が原因か考えられることを羅列してみよう。

■菅野投手が勝てない原因を羅列してみた

【菅野以外の責任?】

・菅野が登板すると打者が打てない、点が取れない
・菅野の1試合平均の投球回数はほぼ7回、セットアッパーや抑えが悪い

【菅野の責任】

・1試合平均7回投球で平均投球数は111球、良い投手なら9回分の投球数だ
・打たして取る球種がないので投球数が増える投手である
・遊びの球が多く3球勝負はしない(2ストライクで追い込んだ次は殆どボールを投げる)
球数が多いので守る時間が長く、打者の攻撃リズムが悪くなっている
・昨年も7月当たりから殆ど勝てなかったが試合を作る投球が出来ていない


以上からブログ管理者は、一球入魂までとは言わないが、早目に勝負していく

投球法を身につけることが、菅野に必要と思うのだが!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益