横峯さくら 日本勢は全員後退/米国女子ツアー「フボンLPGA台湾選手権」2日目

スポンサーリンク
yoko

米国女子ツアー「フボンLPGA台湾選手権」2日目、初日単独首位の横峯さくら、
4位の宮里藍、他日本人4選手は全員スコアを落とし後退した。

順位を意識すると自分のプレーが出来ない横峯、宮里藍、
強風5~10mの悪条件とはいえ、他の選手はスコアを伸ばしている。

リーダーボード:http://lpga.alba.co.jp/live/?mode=auto#tour_info

首位で出た横峯さくらは、15番を終わって2バーディ、5ボギーと内容が悪い、
この時点で通算2アンダーで13位と大きく後退、
これだけボギーを出すと立て直しも難しい。

1mぐらいのショートパットを2つ外したのも大きい。

宮里藍は、17番を終わりバーディ無しの3ボギー、通算イーブンで21位、
体の小さい藍ちゃんには強風は苦しいが、バーディーが取れないので苦しい。

宮里美香と野村敏京はホールアウトして共に2つ落として通算1オーバー、
26位まで後退した。

誰ひとりもアンダーが出せず、初日の好位置も1日で終わる。

残念な2日目、頑張れ日本!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益