【ゴルフ】畑岡奈紗と鈴木愛のメンタルに注目/スタンレーレディス残り9ホール

スポンサーリンク
hata3

静岡県の東名CCで行われている女子ゴルフ「スタンレーレディス」2日目は、
悪天候で2回の中断、多くの組みがホールアウト出来ずサスペンデッド。

結果、3日間の大会は2日間に短縮され、10月9日(日)は、
2日分の残りホールの消化のみとなった。

注目のアマチュア畑岡奈紗の2日目は、9ホールのみ消化でサスペンデッド、
8番ホールでバーディを奪い、1打伸ばして通算4アンダーの4位に付けた。

一方の鈴木愛も9ホールを消化、2バーディ、2ボギーのイーブン、
通算4アンダーで同じく4位となっている。

2人とも9ホールを残してサスペンデッド、この時点での評価は難しいが、
畑岡奈紗は1つ伸ばし自分のゴルフが出来ていると思われる。

鈴木愛はバーディーは取れているがミスもありイーブンパー、
スコアを伸ばせなかった、ミスが出たことで不安は畑岡より多いのではないか。

その意味で2日目の9ホールの2人のメンタルは、畑岡に軍配が上がる。


2人とも首位に1打差で残り9ホールに挑むが天候は良くない。

畑岡は残り全部のホールでバーディ獲るつもりでプレーするとコメント、
この強気が吉と出るか、凶とでるか?

師匠のアドバイス「リラックスして自分のゴルフを貫け」が出来るか注目。

鈴木愛は優勝を意識しすぎるか、それとも冷静にプレーできるか注目。

要は順位ではなく、最終決戦で自分のゴルフを貫けるかが重要なのであろう!

2人とも頑張れ!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益