松山英樹 世界ゴルフ選手権優勝のクラブセッティング

スポンサーリンク
matu21

日本人初の世界ゴルフ選手権(WGC)を制し、世界ランキング6位の松山英樹。

その松山英樹のクラブセッティングはファンにとって大いに気になること。

まずドライバー(1W)は3週間前に優勝した「日本オープン」とは別モデルを使用、長く愛用していた「ダンロップ スリクソン ZR-30 ドライバー」ではなく、
契約外していないキャロウェイの「グレート ビッグバーサ ドライバー」(9度)に替えていた。

このドライバーは前週の「CIMBクラシック・・・2位」から使用を始め、
シャフトは「日本オープン」と同じ「グラファイトデザイン ツアーAD DI -8 TX」を挿入している。

これは誰かのアドバイスがあったのか?

そういえば石川遼はキャロウエイと契約していたはず、その当たりがヒント?
<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:キャロウェイゴルフ グレート ビッグバーサ ドライバー(ロフト:9度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI -8 TX
ウッド:テーラーメイド ロケットボールズ ステージ2 フェアウェイウッド(3番)
アイアン:テーラーメイド M2 ツアーアイアン(3番)、ダンロップ スリクソン Z945 アイアン (4番-PW)
ウェッジ:クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジ (52、56、60度)
パター:スコッティキャメロン Timeless
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ボール

引用元:http://news.golfdigest.co.jp/news/winnersbag/pga/article/66047/1/

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益