賞金王を狙う池田勇太が首位|カシオワールドオープン2日目

スポンサーリンク
ikeda

2016男子ゴルフで現時点で賞金王に最も近い池田勇太が、
カシオワールドオープン2日目で、単独首位に立った。

2日目の池田はイーブンパーの35位から出て、3連続を含む9バーディ、
1ボギーの「64」のビッグスコアを出して通算8アンダーの単独トップに。

なお、この時点で賞金2位の谷原秀人は、1アンダーの29位タイ、
池田との差7の逆転は難しそうだ。

池田は来季米ツアーを狙うとの噂も有り、本当なら今季の賞金王は、
大きな自信となるかもしれない。

米ツアーは松山英樹が突出して、石川遼や磐田寛は低迷しているので、
池田の参戦は彼らに喝を入れる意味でも好ましいことでもある。

池田、ガンバレ!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益