アメリカはWBCに本気じゃないから!

スポンサーリンク
usa
 
現実:アレナド(ナ・リーグ2年連続HR王)が三振振り逃げでヘッスラ

2: 米2-2コ(6回裏) 2017/03/11(土)10:01:59
でも優勝できん模様

3: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:02:14
黒人弱ww

4: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:02:29
同点やん

5: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:03:27
最強メンバーではきてないやろ?

7: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:04:45
>>5
それ日本もやん

9: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:05:39
グループCに日本いなくてよかったわ
絶対勝ち残れない

10: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:06:02
毎回野手はそこそこ本気やからな
ピッチャーは本気出さへん

11: 米2-2コ(7回表) 2017/03/11(土)10:09:06
アメリカは有名選手でとるけど、みんなシーズン優先の調整やぞ

13: 米2-2コ(7回裏) 2017/03/11(土)10:11:46

>>11
メジャー屈指の「仕事人」が揃ったメンバー。

「常に最高のチームを作れるようにしてきたし、常に期待するものは大きい。これは大きなチャレンジであり、いいプレッシャーもある」(リーランド監督)

エントリーされたメンバーには、スーパースター軍団というよりも、メジャー屈指の「仕事人」が顔を揃えた。

2012年ナ・リーグMVPのバスター・ポージー捕手(ジャイアンツ)、2年連続ナ・リーグ打撃2冠(本塁打、打点)のノーラン・アレナド三塁手(ロッキーズ)、

14: 米2-2コ(7回裏) 2017/03/11(土)10:12:02

イチローの同僚でもある大砲ジアンカルロ・スタントン外野手(マーリンズ)らビッグネームが攻撃の中軸となる一方で、トーリ、リーランドの名将コンビならではの戦術眼もうかがえる。

「母国のために戦うことを誇りに思うか」

確かに、有力候補に挙げられていたクレイトン・カーショー投手(ドジャース)、マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)ら、サイ・ヤング賞ホルダーの先発陣は辞退した。

16: 米2-2コ(7回裏) 2017/03/11(土)10:12:35

しかしその分、アンドリュー・ミラー(インディアンス)、デビッド・ロバートソン(ホワイトソックス)ら救援陣を手厚く配置した。

昨年のワールドシリーズをはじめポストシーズンでも「早期継投」が流れを左右したように、特に先発投手に球数制限のある短期決戦で勝敗のカギを握るのは「継投」。
ビッグネームに固執するどころか、具体的な戦術、起用法を想定したうえで、実戦で「使い勝手のいい選手」を揃えた布陣となった。
さらに、トーリ氏が重要視したのが、各選手の意志だった。まず、出場に「興味を持っているか」を問いかけ、さらに「母国のために戦うことを誇りに思うか」を確認した。

中略

一部には、今回のチームUSAを「小粒」、「地味」と評する声があるかもしれない。だが、渋々代表入りした選手もいなければ、故障を恐れて手抜きをする選手もいない。

おそらくメンタリティーとしては「過去最強」――。

過去3大会で欠けていたものを取り戻せば、野球大国アメリカが負ける要素はない。

17: 米2-2コ(7回裏) 2017/03/11(土)10:13:07
アレナド全力なんやな
すこ

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1489194096/

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益