【MLB】 田中将太 理想の9回97球で完封勝利 3勝目

スポンサーリンク
tanaka

ヤンキースの田中将大投手は27日、対レッドソックス戦に先発し、
9回を理想の省エネ投球数97球で完封勝利(3勝目)を飾りました。

やはり投手は9回を100球以下で終えて勝つのが理想で、
今回のマーク君は完璧といえるでしょう。

開幕戦と2試合目の投球は上手くいかなかったが、
頭の良いマー君はすぐ修正し勝ちを続けるようになり3勝目、
4月は3勝1敗、まずまずの成績で今後が楽しみです。

田中投手と比較したいのが巨人の菅野投手、菅野は球数が多くて昨年9勝どまり、
今年も前半は球数が多かったが、ようやく9回を110球代で収めるようになり、
2試合連続の完封を達成した。

まだ110球代なのでまだ理想には遠いが、落ちる球(フォークボール)で、
打たせて取る感じが出てきたは良いし、ツーナッシングからバカの一つ覚えのように、
外してボールを投げさせる(小林捕手)のを減らせばもっと球数が減らせる。

菅野はスライダーが得意だが、スライダーはファールで粘られるので球数が増える

マー君は落ちるスプリットのコントロールが良いので球数が減らせる

とにかく今回の田中の97球(72ストライク)は凄いよね!

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益