【ゴルフ】野村敏京 2打差を付けて単独首位で最終日に 3勝目なるか?

スポンサーリンク
nomura

米国女子ゴルフツアー「ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト」で、野村敏京は3日目を終えて、2位に2打差を付けて単独トップ

最終日の明日、ツアー3勝目に挑む!

3日目、単独首位から出た野村敏京は、2バーディ、1ボギー、1ダブルボギーと、
スコアを1つ落として通算8アンダーに、しかし2位以下もスコアが伸びず、
2打差を付けて単独首位を守った

この日は風が強くて上位の選手はスコアメイクに苦しんだが、
一人ステーシ・ルイスのみ5アンダーで気を吐いた

2日目、2位だった強敵のアリア・ジュタヌガンは3つ落とし3アンダーまで後退、
最終日の強敵は2位の朴仁妃とクリスティ・カーだろう

野村は昨年2勝を挙げたが、初優勝の「ISPSハンダ オーストラリア女子」、
2勝目の「スウィンギングスカートLPGA」共に最終日をトップでスタートしての優勝、逃げ切り優勝を得意としているので3勝目も大いに期待できそう

頑張れ、野村敏京♪

スポンサーリンク
トピックス

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

差益と利益